鹿児島 納骨堂・墓地・永代供養・合祀 新生田上霊園

地産地消・かごしま黒豚のご紹介

地産地消・かごしま黒豚のご紹介

2015年2月20日

pig_title_img_01

【地産地消・鹿児島黒豚のご紹介】
かごしま黒豚と言う名称は1999年に商標登録されました。黒豚とは 鹿児島県内で生産、肥育された「純粋バークシャー」の総称です。 一般的に鹿児島の黒豚は、「バークシャー種」が純粋かごしま黒豚と言われていますが、奄美沖縄で飼われていた「島豚」と「バークシャー種」の交配から産まれたのが「かごしま黒豚」です。 色について 黒豚を想像すると全て「黒」を想像しますが、実は間違いで黒豚は想像とは違い、全て真っ黒ではないのです。 黒豚の見分け方 「バークシャー種」の純粋黒豚は鼻梁と四本の脚、尾端の六ヶ所に、おいしい黒豚の目印となっている「六白のバーク」と呼ばれる白斑が特徴です。
【黒豚の出産~出荷までの期間】
黒豚の出産は年2.5回前後、受精から115日前後で分娩出産。産子数は8頭前後、白豚の10頭前後に比べると産子数が少なく、肥育日数が長いのが特徴とのこと。 主に、昔からサツマイモと芋つると残飯を与えて黒豚を育ててきました。過去には食肉市場では牛肉並の値(Bランク)が付けられたこともあるそうです


イベント写真
お問い合わせ
Q&A


ページトップへ