鹿児島 納骨堂・墓地・永代供養・合祀 新生田上霊園

オリーブ油の一大産地に育てようとの、試みがまさに進行中なのです

オリーブ油の一大産地に育てようとの、試みがまさに進行中なのです

2014年12月17日

オリーブ畑4 オリーブ畑3 オリーブ畑2 オリーブ畑1

オリーブといえば、イタリアや地中海を連想すると思います。

ここ、日置市湯田(湯之元)の養蚕試験場跡の畑に、1,000本に及ぶオリーブの木が植えられ、静かな時を待っています。

地元鹿児島銀行と日置市や地元企業がタイアップして、ここをオリーブ油の一大産地に育てようとの、試みがまさに進行中なのです。

大きいきは既に背丈の2倍ぐらいなり、ビニールハウスの中で大切に育っています。

温泉の町湯之元は、今度は、オリーブの町として連想されるかもしれませんね。

それにしても、国の地域創生を口で掲げているだけの現在で、お堅い銀行さんがみ近なところで、地域創生を実行しているのは、立派だと思い感じます。


イベント写真
お問い合わせ
Q&A


ページトップへ